インド株(2日):下落、アジア株売りで連れ安-ICICI銀大幅安

2日のインド株式市場では、指標のS&P・BSEセンセックスが下落。アジア株が売られる中で連れ安となった。

  インド最大の携帯電話サービス会社ブハルティ・エアテルは3営業日続落。民間銀行インド最大手のICICI銀行はセンセックス構成銘柄中で下落率最大となった。たばこのITCは1週間ぶり安値。ドクター・レディース・ラボラトリーズは2.5%安。

  センセックスは前週末比0.7%安の25436.97で終了。2月に付けた安値からは11%上昇している。

原題:India’s Sensex Extends Last Week’s Retreat as ICICI Bank Tumbles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE