アジア株:MSCI指数、下落-日本株や豪州の銀行株が下げ主導

2日のアジア株式相場は下落。円が対ドルで1年半ぶりの高値近辺を維持する中、日本株を中心に下げている。

  3連休明けの東京市場でTOPIXは5営業日続落。ウエストパック銀行の2015年10月-16年3月(上期)の利益が予想を下回ったことが響き、オーストラリアの銀行株が安い。この日は中国や香港、英国など多くの金融市場が祝日のため休場となっている。

  MSCIアジア太平洋指数はロンドン時間午前7時12分(日本時間午後3時12分)現在、前週末比1.3%安。ここ7営業日中、6営業日で下落している。豪州株の指標であるS&P/ASX200指数は0.2%安。韓国株やインドネシア株も下げている。

原題:Japan Shares Sink With Yen Near 18-Month High; Oil, Copper Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE