ドル・円予想が1年5カ月で最も弱気、日銀緩和見送りで-チャート

  市場ではドル・円の見通しが過去1年5カ月で最も弱気な水準にある。米経済見通しがさえない上に、日本銀行が追加緩和を見送ったことが背景。ブルームバーグが集計したアナリスト予想中央値によると、ドルの年末予想は1ドル=116円と、2014年11月以来のドル安・円高水準。円はすでに10-12月(第4四半期)の予測を上回るペースで上昇が進み、4月29日時点で106円50銭と、14年10月以来の円高水準。

原題:Dollar Forecasts Versus Yen Tumble to Lowest in 17 Months: Chart(抜粋)