ドル・円、103円台へオーバーシュートも-チャート

ドル・円相場は20日移動平均線とのゴールデンクロスを作りかけていたが、先週、日銀の追加緩和で直近安値を割り込み、再び売りシグナルに転じた。GCIアセット・マネジメントの岩重竜宏チーフFXストラテジストは、今週は4月11日安値107円63銭から28日高値111円87銭の上昇の161.8%戻しにあたる105円00銭を目指す展開が予想され、同200%戻しの103円40銭までの暴落の可能性もあると分析。もっとも、現行水準の106円台は今年のドルの底値圏に位置しているため、一時的なオーバーシュートはあっても「円高に行っている期間がここから先は短命に終わる可能性もある」とし、「ここから低いところを売り過ぎるのはお勧めできない」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE