中国を訪問している岸田文雄外相は王毅外相との日中外相会談で30日、両国外務大臣の相互訪問が途絶えていることについて望ましくないとの見解を示した。

  岸田外相は会談で「大切な隣国同士でである日本と中国の外務大臣の往来が、こうして長きにわたって途絶えているということは望ましいことではない」と述べた。さらに「是非より頻繁に往来できる関係に戻していきたいと考えてる」と述べた。岸田外相の発言のもようはNHKが放送した。

  一方の王毅外相は、今回の会談が両国関係の改善に向け積極的な役割を果たすよう望んでいると述べた、とNHKは報じた。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE