スプリント:ソフトバンク主導で11億ドル調達、みずほ銀と融資契約も

ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話事業者スプリントは、機器売却や融資を通じて30億ドル(約3200億円)余りを調達。今月に入ってからの新規調達資金はこれで50億ドルとなった。

  29日の発表によると、スプリントはソフトバンク主導の下、売却した後にリース契約を結ぶ「セール・アンド・リースバック」を通じて13億ドル相当の携帯端末を11億ドルで売却するという資金調達の第2弾を取りまとめた。スプリントはみずほ銀行と額20億ドル、期間18カ月のつなぎ融資契約も結んだ。 

原題:Sprint Taps $1.1 Billion More From SoftBank Phone Financing Arm(抜粋)