ヘッジファンドのフォートレス、コンベックス・アジア・ファンド売却へ

  • 英シティ・フィナンシャルが取得する
  • 米フォートレスはイベントドリブン型ファンドに一段と注力

2009年の金融危機以降で最大の再編に揺れるヘッジファンド業界で、フォートレス・インベストメント・グループがコンベックス・アジア・ファンドを売却することが明らかになった。

  ブルームバーグ・ニュースが入手したフォートレスの投資家宛て書簡によると、同ファンドおよびシンガピールにある運用チームをシティ・フィナンシャル・インベストメント・カンパニー(本社ロンドン)が第2四半期に取得することで合意した。合意の詳細は示していない。売却はフォートレス再編の一環で、イベントドリブン型ファンドに一段と注力することなどが目的だと説明している。

  アジアなどでの価格変動に賭けるコンベックス・アジアは、運用資産が2月時点で約1億8400万ドル(約197億円)。成績は12年の開始から毎年マイナスだったが、今年これまではプラスに改善していた。

原題:Fortress Divests Control of Convex Asia Amid Fund Shakeout (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE