フェイスブック、ザッカーバーグ氏の警護費用に年4.6億円支出

  • フェイスブックは15年まで3年間の費用を初めて公表
  • 米S&P500種株価指数構成企業の中では最高額

ソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS)最大手の米フェイスブックが昨年、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)の身辺警護費用に426万ドル(約4億5700万円)支出したことが米証券取引委員会(SEC)への届け出で明らかになった。同社がこうした費用を報告したのは初めて。2015年の株主報告書を届け出た米S&P500種株価指数構成企業では最高額。

  届け出によると、ザッカーバーグ氏の身辺警護費用は、13年から15年までで計1250万ドルに上った。ブルームバーグのデータでは、オラクルが昨年ラリー・エリソン会長の警護に支払った費用は153万ドル、アマゾンによるジェフ・ベゾスCEOへの費用は160万ドルで、いずれもフェイスブックの費用を大幅に下回っている。バークシャー・ハサウェイが昨年、ウォーレン・バフェット氏の個人・ホームセキュリティーに費やしたコストは37万244ドル、アップルのティム・クックCEO向け費用は20万9151ドルだった。

原題:Facebook Spent $12.5 Million to Protect Zuckerberg Since 2013(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE