中国工商銀:1-3月小幅増益、不良債権引当率は最低要件下回る

資産規模で世界最大の銀行、中国工商銀行の1-3月(第1四半期)決算は前年同期比で0.6%の増益となった。不良債権引当率は当局が定める最低要件を下回った。

  香港証券取引所への28日の届け出によれば、不良債権引当率は141.2%となり、最低要件の150%に達しなかった。

  純利益は747億6000万元(約1兆2500億円)と、前年同期の743億2000万元から増加した。

原題:ICBC Joins Bank of China in Breaching Bad-Loan Coverage Rule(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE