ロンドン外為:円急伸、対ドルで一時107円台-日銀が緩和拡大せず

更新日時

ロンドン時間28日午前の外国為替市場で、円は対ドルで昨年8月以来の大幅上昇を遂げ、一時107円台を付ける場面もあった。日本銀行が緩和拡大を見送った。追加措置と円下落を見込んでいたトレーダーらはポジション解消を迫られた。

  円は主要16通貨全てに対して上昇。ブルームバーグのエコノミスト調査では過半数が日銀の追加行動を予想していた。

  ロンドン時間午前10時29分現在、円は対ドルで3%高の1ドル=108円19銭。3.1%上昇なら米国株が急落し「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれた2010年5月6日以来の大幅上昇となる。対ユーロでは2.7%高の1ユーロ=122円81銭。

原題:Yen Surges Most in 8 Months as BOJ Refrains From Adding Stimulus(抜粋)
*YEN EXTENDS POST-BOJ GAIN; STRENGTHENS 3.2% TO 107.99/DOLLAR

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE