中国国家統計局:職員が局内のデータで不正に利益得る-返還要求

中国国家統計局は局内のデータで職員が不正に利益を得ていたことを明らかにした。共産党中央規律検査委員会のウェブサイトに27日付の報告が掲載された。経済の変化に手続きが対応できていないなどの問題点があったことも指摘した。

  統計局は職員313人が内部規定に違反したとし、不適切に得た手数料323万元(約5400万円)の返還を求められていると説明。データ収集に使われた携帯端末の購入における不正も発覚したという。同局は国内総生産(GDP)などの公式経済統計を発表している。

  統計局は経済の進展を反映した業務調整がなされていなかったとした上で、データ収集の最新ガイドラインを年内に公表する方針を示し、地方の経済成長の算出方法を修正したことも明らかにした。

  ブルームバーグが統計局の報道担当者に明確な説明を求めたところ、今回の報告は職員が機密データを漏えいしたことやリベートなどを受け取っていたことを示唆するものではないと述べたが、発覚した内容の詳細については言及を控えた。

原題:China Statistics Bureau Says Employees Improperly Profited (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE