黒田日銀総裁:必要なら3次元で追加緩和-「今後毎回の会合で点検」

日本銀行の黒田東彦総裁は28日、金融政策の維持を決定した会合後の記者会見で政策効果を見極めることが適当だったと判断したと述べた上で、今後の毎回の会合では経済・物価情勢を見極めて必要に応じて3次元で追加緩和に踏み切る方針を示した。

  黒田日銀総裁は会見で今回会合について「政策効果の浸透を見極めていくことが適当と判断した」として、1月に導入を決定したマイナス金利の効果を見守る必要性を示した。同時に「今後、毎回の金融政策決定会合でリスクを点検し、必要と判断すれば量、質、金利の3次元で追加緩和を講じる」と語り、必要に応じてちゅうちょなく追加緩和を進める意向を示した。

  ブルームバーグのエコノミスト調査ではこの会合での追加緩和予想が過半数に達していた。日銀の政策維持決定が市場に伝わると円相場が急上昇、日本株は急落した。日銀は金融政策決定会合で28日、政策方針の現状維持を賛成多数で決めた。物価上昇率が目標の2%程度に達する時期については、2017年度中として従来の17年度前半ごろから先送りした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE