欧州のエアバス:1-3月は23%減益-機体の引き渡し遅れが響く

欧州の航空機メーカー、エアバス・グループの1-3月(第1四半期)決算は23%減益となった。エンジン不具合で単通路機A320neoの納入が滞ったほか、キャビン設備の不足もワイドボディー機A350の引き渡しに影響した。

  28日の発表資料によると、一時的な項目を除いたEBIT(利払い・税引き前利益)は5億100万ユーロ(約620億円)と、前年同期の6億5100万ユーロから減少した。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は4億7300万ユーロだった。

原題:Airbus Profit Slides as Engine Glitch, Cabin Delays Crimp Output(抜粋)