オフショア人民元、1カ月ぶり大幅高-日銀が追加緩和見送り

更新日時

香港オフショア市場で取引されている人民元は28日、ドルに対し1カ月ぶりの大幅上昇となった。日本銀行が予想に反して追加金融緩和を見送ったことが背景。

  オフショア人民元は香港時間午後4時48分(日本時間同5時48分)現在、前日比0.27%高の1ドル=6.4852元。米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを緩やかなペースで進める方針を示唆し、中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを引き下げた後、一時は6.5156元まで下落する場面もあった。

  上海市場のオンショア人民元も一時の下げを消し、0.24%高の6.4792元となった。これは1週間ぶりの大きな上げ幅。人民銀は中心レートを0.18%元安方向の6.4954元に設定した。

原題:Offshore Yuan Gains Most in a Month After Bank of Japan Surprise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE