中国国家主席、失業対策の重視促す-供給サイドの構造改革で

中国の習近平国家主席は、政府が国有企業の過剰生産能力削減を図る中で失業対策を強化する必要性を指摘し、国内経済のひずみ拡大に伴い「多くの試練」が待ち受けているとの見方を示した。国営の新華社通信が報じた。

  新華社によれば、習主席は24-27日に安徽省を訪問した際に、「供給サイドの構造改革が深まるにつれ、一部の従業員が解雇されることになる。雇用を一段と重視し、雇用をさらに創出し、支援策を実施し改善していくべきだ」と述べた。

  習主席は企業に対し採用を増やすよう促すとともに、各地域は供給構造を最適化し、製品の品質改善を進め、新たな産業と製品、サービスを発展・開発していく必要があると語った。

原題:Xi Urges Focus on Jobs With China Economy Under Growing Strain(抜粋)