中国のトレーダーらは売買している商品の知識ない-LMEのCEO

  • 「市場関係者の大半はそれが何か分かっていないと思う」:CEO
  • 中国での商品先物の取引高は「驚異的」:ジョーンズCEO

世界最大の金属取引所、ロンドン金属取引所(LME)のギャリー・ジョーンズ最高経営責任者(CEO)は、中国の商品先物市場の取引高は驚異的な水準となっているが、一部のトレーダーは自分が売買している商品について知識がない可能性があるとの見方を示した。

  ジョーンズCEOは27日、シンガポールで開かれた会議で「どうして鉄筋が世界で最も活発に取引される先物の一つになっているのだろうか。取引している市場関係者の大半はそれが何かよく分かっていないと思う」と指摘した。

  中国では個人投資家の関心が前例にない程高まり、主要建材である鉄筋のほか、鉄鉱石、コークス用原料炭、綿花などの商品先物の取引が膨らんでいる。取引高の急増について、モルガン・スタンレーは世界市場に衝撃を与えていると説明し、ゴールドマン・サックス・グループは懸念を表明している。上海先物取引所など中国の取引所は今月、過熱した取引を落ち着かせるため相次いで対策を発表、今後も追加策を講じる方針を示した。

  ジョーンズCEOは中国での商品取引とリスク管理に関する公開討論会で、「中国の大半の取引所の顧客層を見ると、個人投資家に著しく集中している」と指摘。中国の取引所では「個人投資家の参加度合いが非常に高い。取引ペースは極めて速い」と述べた。
  
原題:LME Head Says China Traders Don’t Know What They Buy in Boom (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE