欧州株:上昇、一時の下げ解消-トタルやスタトイルなど石油株が高い

27日の欧州株式相場は一時の下げを解消し、上昇して取引を終えた。予想以上の企業決算や原油相場がバレル45ドルを一時上回ったことを手掛かりに、石油・ガス銘柄が買われた。

  1-3月期に予想外の黒字を確保したノルウェーのスタトイルは6.1%の大幅高。利益が予想を上回った仏トタルは2.8%上げた。ドイツのスポーツ用品メーカー、アディダスは6%値上がり。今年開催されるサッカー欧州選手権を前に消費者の支出が増えたことを受け、通期利益見通しを上方修正した。一方、ミュンヘン再保険が3.8%下げるなど、保険株は総じて安い。同社が利益見通しを引き下げたことが嫌気された。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.3%高の348.32で引けた。一時は0.4%下げた。2月安値からの相場反発の勢いが緩み、決算シーズンが進行中であることから、投資家らは方向性を見極めようと中銀政策を注視している。米連邦公開市場委員会(FOMC)はこの日の取引終了後、日本銀行の金融政策決定会合は28日にそれぞれ政策声明を発表する。

  プライム・パートナーズ(ジュネーブ)のフランソワ・サバリー最高投資責任者 (CIO)は、「企業の利益がまだ伸びていないことからバリュエーション(株価評価)を疑問視している」とし、「株価の一段高は極めて難しいだろう、とりわけユーロが上昇しているためだ。米当局の信頼性に関する問題もあり、イエレン議長が利上げしない理由を海外情勢に求めているのは事実だ」と語った。

原題:Europe Stocks Rise as Total, Statoil Lead Oil Companies Higher(抜粋)