米中古住宅販売成約指数:3月は1.4%上昇、予想上回る伸び

3月の米中古住宅販売成約は前月比で予想を上回る伸びとなった。全米不動産業者協会(NAR)の発表によれば、3月の中古住宅販売成約指数(季節調整後)は前月から1.4%上昇と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値の0.5%上昇を上回った。前月は3.4%の上昇だった。

  安定した雇用となお記録的低水準にある借り入れコストは、特に初めての住宅購入を支援する。NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏は発表文で、「多くの地域で住宅供給が不足しているが、購入契約は大半の市場でかなり力強い」と述べ、「賃金の伸びを上回るペースで住宅価格が上昇しているが、今年の春は住宅ローン金利が予想外に低く、消費者が購入を検討する際の不安を緩和してる」と続けた。

  地域別に見ると、全米4地域のうち3地域で上昇。北東部は3.2%上昇、南部は3%上昇、中西部は0.2%の伸びだった。西部は1.8%低下した。

  統計の詳細は表をご覧下さい。

原題:Pending Sales of Existing Homes in U.S. Rise More Than Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE