ノルウェーのスタトイル:1-3月は予想外の黒字-コスト削減が奏功

ノルウェー最大の石油会社、スタトイルの1-3月(第1四半期)決算は、予想に反して黒字となった。原油価格が約12年ぶりの安値に沈んだものの、コスト削減で悪影響を抑えた。

  同社の27日発表によると、調整後の税引き後利益は1億2200万ドル(約136億円)。前年同期は9億200万ドルだった。ブルームバーグがアナリスト12人を対象にした調査では、平均で1億2500万ドルの損失が見込まれていた。

  スタトイルのほか、ロイヤル・ダッチ・シェルやBPなど同業大手も2014年半ば以降の原油値下がりで収益を圧迫されてきたが、大半は経費削減やプロジェクト延期、事業合理化、人員削減などを通じてキャッシュフローを確保し配当支払いを続けるよう取り組んでいる。

原題:Statoil Posts Surprise Profit as It Cuts Costs Amid Oil Drop (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE