アジア株:4日続落-アップル減収でテクノロジー銘柄安い

27日のアジア株式相場は4営業日続落。米アップルが発表した1ー3月(第2四半期)決算が四半期ベースで10年余りぶりの減収となったことで、テクノロジー銘柄を中心に売られているほか、米株価指数先物も下げている。豪ドルが対米ドルで2月以来の大幅安となる一方で、原油は5カ月ぶりの高値に上昇した。

  MSCIアジア太平洋指数はこのままいけばここ2カ月で最長の下落局面となる。ナスダック100種指数の先物も下げている。アップルの株価は時間外取引で一時8%余り下落した。

  MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後1時19分現在、前日比0.6%安。S&P500種株価指数先物は0.3%下げ、ナスダック100種指数先物は1.1%安。

原題:Asian Stocks, Nasdaq Futures Slide on Apple; Aussie Sinks on CPI(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE