アジアのヘッジファンドからの資金流出、7年ぶり高水準-調査会社

アジアを拠点とするヘッジファンドから1-3月(第1四半期)に投資家が引き揚げた資金が29億ドル(約3200億円)規模と、7年ぶりの大きさになったことが米調査会社イーベストメントのデータで明らかになった。

  同社が電子メールで発表した資料によると、3月はアジアのヘッジファンドから引き揚げられた資金が20億ドル近くに達し、中国に重点投資するファンドからは同月に3億3750万ドルが流出した。

  イーベストメントは資料で「3月の新興市場で一つ明確だったのは、中国に重点投資する運用商品のリターンがマイナスとなり、ボラティリティ(変動性)が高まったことで、中国に投資するファンドに対する投資家心理が2015年7-12月(下期)以来の低水準となったことだ」と分析した。
  
原題:Asia Hedge Fund Outflows Highest in Seven Years, eVestment Says(抜粋)