トランプ氏が東部5州の予備選で全勝、クリントン氏は4州制す

更新日時
  • トランプ氏は勝利確定後、「推定指名候補」と自分を呼ぶ
  • トランプ氏:クリントン氏には「力」が欠けている

米大統領選挙に向けた共和・民主両党候補の指名争いは26日、東部5州で予備選が行われ、共和党は不動産王のドナルド・トランプ氏が全勝、民主党はヒラリー・クリントン前国務長官が4州を制した。トップ候補の2人が代議員獲得数でリードを広げた。

  複数のテレビネットワークが開票状況と出口調査を基に、トランプ氏のペンシルベニア、コネティカット、メリーランド、デラウェア、ロードアイランドの各州での勝利の見通しを伝えた。

  全州勝利が伝えられた後、トランプ氏はニューヨーク市マンハッタンの「トランプ・タワー」で支持者らに、「私は自分を推定指名候補だと考える。私に関する限り、レースは終わった」と語った。またクリントン氏について、「自分自身の雇用を除いて、雇用について何も分かっていない。良い大統領にはならないだろう。力とスタミナが欠けている」と指摘した。

  一方、クリントン氏はペンシルベニア、デラウェア、メリーランド、コネティカットで勝利し、バーニー・サンダース上院議員が制したのはロードアイランド1州にとどまった。

  トランプ氏が7月の共和党全国大会ですんなりと党候補に指名されるには代議員の過半数獲得が必要だが、その阻止を目指すクルーズ上院議員、ケーシック・オハイオ州知事との争いは今後も続く。3人の関心は早くも5月3日のインディアナ州予備選に向いており、同予備選の重要性が増している。

  AP通信の26日遅くの集計によれば、この日獲得した分も含め、トランプ氏の獲得代議員数は950。2位クルーズ氏は560、ケーシック氏は153。指名獲得には1237人が必要。

  一方、民主党ではこの日の5州の予備選前の段階で、指名獲得に必要な代議員・特別代議員2383人のうち、クリントン氏は既に2137人を獲得。サンダース氏は1306人にとどまっている。

原題:Trump Calls Self ’Presumptive Nominee,’ Clinton Wins Four (4)(抜粋)

(トランプ氏の発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE