金相場は「ペナント」形成、上昇再開を示唆-チャート

  金相場は1-2月に約15%上昇した後、1オンス=1250ドル近辺で推移している。金相場は今、いわゆる「ペナント」を形成しつつあるようだ。ネッドバンク・キャピタル(ヨハネスブルク)によれば、これは価格が再び上昇を開始し1400ドルに達することを示唆している。

原題: Gold Forms Pennant Formation, Suggesting Gains in Store: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE