米耐久財受注:3月は予想下回る伸び、コア資本財は前月比変わら

3月の米耐久財受注は前月から増加したものの、市場予想を下回る伸びにとどまった。資本財の需要が依然として低調で、成長見通しの陰りが投資を妨げていることが示された。

  米商務省26日の発表によると、3月の耐久財受注額は前月比0.8%増加した。前月は3.1%の減少だった。ブルームバーグがまとめた予想中央値は1.9%増が見込まれていた。航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注は前月からほぼ変わらず。エコノミスト予想は0.6%増。前月は2.7%減と速報の2.5%減から下方修正された。

  RBCキャピタル・マーケッツのシニア米国エコノミスト、ジェイコブ・オウビナ氏は「製造業を悩ませてきた弱さは総じて底をつけつつあるが、石油価格がより確実に回復し始めるまで製造業は大きく上向くことはないだろう」と述べた。

  
  国内総生産(GDP)の算出に使用されるコア資本財の出荷は0.3%増加。前月は1.8%の減少だった。

  輸送機器を除く耐久財受注は3月に前月比0.2%減少した。エコノミスト予想中央値は0.5%増。前月は1.3%の減少だった。

  統計の詳細は表をご覧下さい。

  

原題:Orders for U.S. Durable Goods Rose Less Than Forecast in March(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE