ジャナスの1-3月:21%減益-市場ボラティリティが響く

ジャナス・キャピタル・グループの1-3月(第1四半期)決算は、前年同期比で21%の減益となった。市場の変動で運用資産が目減りした。

  26日の発表によると、純利益は3380万ドル(約37億4800万円、1株当たり19セント)と、前年同期の4300万ドル(同23セント)から減少した。

  3月末時点の運用資産は1913億ドルと、昨年末の1923億ドルから減少。資産価格下落で13億ドルが目減りしたが、3億ドルの資金純流入で影響が和らいだ。長期資金は3億ドルの純流出だったものの、上場取引型金融商品(ETP)に6億ドルが純流入した。

原題:Janus’s First-Quarter Earnings Decline 21% on Market Volatility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE