ゴールドマンとモルガン・スタンレーの預金が急増-チャート

  ゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタンレーの2社は流動性規則への対応を前倒しして進めた。2008年の金融危機を乗り切った後、預金をそれぞれ975億ドル(約10兆8100億円)と1560億ドルに増やした。15年末の届け出から分かった。預金増加は、バーゼル銀行監督委員会が14年に公表した長期の流動性規則に基づく米新規則への対応に役立つ。

原題:Deposit Bases at Goldman Sachs, Morgan Stanley Surge: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE