マルチ・スズキ:1-3月売上高、予想上回る-「バレーノ」好調

更新日時

インド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディアの1-3月(第4四半期)売上高はアナリスト予想を上回った。新型コンパクト・ハッチバック「バレーノ」のほか、一部既存モデルのオートマチック車が好調だった。

  同社が26日発表した売上高は1530億ルピー(約2550億円)に増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト27人の予想平均は1488億ルピーだった。同社株はムンバイ市場で一時4.1%高と、日中取引としては今月13日以来の大幅高となった。

  純利益は前年同期比12%減の113億ルピーと、ブルームバーグがまとめたアナリスト27人の予想平均である119億ルピーに届かなかった。3月までの1年間でルピーは円に対し11%余り値下がりし、日本から輸入した部品が割高となった。マルチは使用する自動車部品の約15%を輸入に依存している。

原題:Maruti Shares Rise After Quarterly Revenue Exceeds Estimates (1)(抜粋)