中国アリババ金融子会社、約5000億円集める-政府系ファンドが投資

中国のアリババ・グループ・ホールディングの金融子会社、浙江螞蟻小微金融服務集団が世界的な事業展開に備え、政府系の投資家グループから45億ドル(約5000億円)を集めた。テクノロジー業界での単一の私募調達としては最大規模で、当初目標を上回った。

  浙江螞蟻の発表資料によれば、政府系ファンド(SWF)である中国投資(CIC)や中国2位の銀行、中国建設銀行の投資事業体が新規に投資家として加わった。

  事情に詳しい関係者が先に述べていたところでは、浙江螞蟻は同社の価値を600億ドルと評価する資金調達で少なくとも35億ドルを確保することを目標としていた。年内の上海証券取引所での新規株式公開(IPO)も検討しているという。浙江螞蟻は中国で最も多く利用されているオンライン決済システム「アリペイ」を運営している。

原題:Alipay Owner Said to Complete Record $4.5 Billion Fundraising(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE