韓国の現代自:1-3月は9期連続の減益、中国販売縮小が響く

  • 韓国販売台数は3.7%増加したが中国販売が9.6%減少
  • 中国は現代自にとって最大の海外市場

韓国の自動車メーカー、現代自動車の1-3月(第1四半期)決算は9四半期連続の減益となった。同社最大の海外市場である中国での販売縮小が響いた。

  26日の発表資料によれば、純利益は1兆6900億ウォン(約1630億円)となった。ブルームバーグがまとめたアナリスト16人の予想平均は1兆5000億ウォン。営業利益は1兆3400億ウォンと、アナリスト予想の平均(1兆4200億ウォン)を下回った。

  韓国や米国、インドでは販売が増加したものの、中国販売台数の落ち込みが足を引っ張った。

  最も利益率の高い韓国での販売台数はスポーツ型多目的車(SUV)「ツーソン」やセダン「アバンテ」需要に支えられ、3.7%増の16万1000台となった。米国販売は0.8%増の17万3000台。インドは約12%増えて11万1000台。中国は9.6%減の24万台となった。

原題:Hyundai Posts 9th Successive Profit Drop as China Sales Fell (1)(抜粋)