中国の商品先物取引、個人投資家の参加目立つ-チャート

  中国の商品取引所での先物取引の集中度を考えると、世界で最も流動性の高い市場の一部はのんびりしているように見える。建玉(未決済残高)や取引高、取引時間を分析すると、大連商品取引所の鉄鉱石先物と上海先物取引所の鉄筋のポジションの持続時間の平均は約4時間。ニューヨーク市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油はほぼ40時間、天然ガスは70時間となっている。神華期貨のアナリスト、呉志力氏は、中国の取引の最大70%は価格変動を予測する個人投資家によるものと推計している。これらの投資家はヘッジのために先物を利用する生産者や実需業者とは対照的だ。

原題: A Life in a Day for Chinese Commodity Futures Contracts: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE