VW:中国のSUVラインアップを拡充へ-10車種に4年で倍増目指す

  • ティグアンより大型で高級感のある車種とコンパクトSUVを投入
  • 1-3月の販売は欧州と米国で減少したのに対し、中国では増加

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の「VW」ブランドは、排ガス不正問題の影響がほとんど出ていない中国で成長を追求する方針だ。

  VWはスポーツ型多目的車(SUV)の需要拡大が続くと見込んでおり、中国で販売するSUVのラインアップを今後4年でこれまでの約2倍の10モデルに増やす計画だ。

   中型車「ティグアン」より大型で高級感のある2車種と、シティタイプのコンパクトSUV2モデルを投入する。 VWの販売を統括するユルゲン・シュタックマン氏が、北京モーターショーの会場で行われたインタビューで明らかにした。VWは中国の合弁事業パートナーと協力して生産を行う。

  昨年9月に排ガス不正が発覚したVWにとって、中国は今年の販売が堅調に推移している貴重な市場だ。VWブランドの1-3月(第1四半期)の販売は欧州と米国で減少したが、中国では増加した。

原題:Volkswagen Brand to Extend China Lineup to 10 SUVs in Four Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE