カナダのハスキー、石油パイプラインの権益65%を売却へ-1500億円で

  • 売却後もパイプラインや石油貯蔵施設などの運営を継続する
  • 売却先は香港の長江基建集団と電能実業

カナダの石油・天然ガス会社ハスキー・エナジー は、カナダ西部の石油パイプラインの権益65%を香港の長江基建集団(チョンコン・インフラストラクチャー・ホールディングス)と電能実業(パワー・アセッツ・ホールディングス)に17億カナダ・ドル(約1500億円)で売却することで合意した。

  売却対象はアルバータ、サスカチワン両州にまたがるロイドミンスター地域の約1900キロメートルに及ぶパイプラインや、410万バレル相当の石油貯蔵施設など。ハスキーはこれらの設備の運営を継続する。

  ハスキーのアシム・ゴッシュ最高経営責任者(CEO)は25日の発表資料で、「この取引は重要な価値を引き出し、バランスシート強化という当社の目的を支える」と説明した。

原題:Husky to Sell Stake in Canadian Pipelines for $1.34 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE