欧州マーケットサマリー:株4日ぶり上昇、ドイツ国債下落

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1295   1.1268
ドル/円            111.39   111.20
ユーロ/円          125.82   125.30


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   347.31     +.63      +.2%
英FT100      6,284.52   +23.60     +.4%
独DAX      10,259.59   -34.76     -.3%
仏CAC40     4,533.18   -12.94     -.3%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .49%        +.01
独国債10年物     .30%        +.04
英国債10年物     1.66%       +.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,241.70    +2.80     +.23%
原油 北海ブレント         45.71     +1.23    +2.77%

◎欧州株:4日ぶり上昇、好決算でスタンダードチャータードとBP高い

26日の欧州株式相場は4営業日ぶりに上昇した。企業決算を好感し た買いが優勢となった。

英銀スタンダードチャータードは9.8%上昇し4カ月ぶり高値を付 けた。貸倒引当金が予想に反して減少したことが背景にある。英石油会 社BPは4.3%値上がり。原油下落にもかかわらず、予想外の黒字とな ったことが手掛かり。スウェーデンの銀行スウェドバンクは3%上げ た。純利益がアナリスト予想を上回った。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.2%高の347.31で引けた。 一時は0.7%高となった。前日までの3日続落は、ここ1カ月で最長の 下げ局面だった。週内の米連邦公開市場委員会(FOMC)と日本銀行 の金融政策決定会合が注目されている。

ランプ・アセット・マネジメント(デュッセルドルフ)で株式投資 を担当するファンドマネジャーのミヒャエル・ボイシュネック氏は「決 算シーズンは極めて順調だ」と述べた上で、「だが、米当局者のわずか 一言で状況は変わり得る。何ら変更はない見込みだが、声明の内容が重 要だ」と語った。

この日の西欧市場の主要株価指数の中で、イタリアとスペインの株 価指数が大きく上げた。モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナとウニク レディト、ビルバオ・ ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)の 上げが目立った。ドイツ銀行は2.3%高と、独DAX指数の構成銘柄の 中で上昇率首位だった。ストックス600指数の銀行株指数は約1カ月ぶ りの高水準に達した。

個別銘柄では、独自動車メーカーのフォルクスワーゲン(VW)の 優先株が1.6%上昇。1-3月期の世界販売台数はトヨタ自動車を抜い て首位に立った。独鉄鋼・工業製品メーカー、ティッセンクルップ は2.5%値下がり。オーストラリアの総額500億豪ドルに上る次期潜水艦 建造事業をめぐり、フランスのDCNSグループに競り負けた。

原題:Europe Stocks Halt Slide Amid Standard Chartered, BP Earnings(抜粋)

◎欧州債:日独の国債利回り格差拡大、9月以来の大きさ-日銀会合控え

26日の欧州債市場では、ドイツ国債の日本国債に対する利回り上乗 せ幅(スプレッド)が拡大し、昨年9月以降で最大となった。日本銀行 が今週の金融政策決定会合で追加緩和に踏み切るとの見方が背景にあ る。

欧州中央銀行(ECB)は先週の定例政策委員会で金融政策を据え 置きとした。日銀はECBと同様に成長促進とインフレ押し上げを目指 し、前例のない資産購入プログラムとマイナス金利を推進している。

みずほインターナショナルの金利戦略責任者、ピータ-・チャトウ ェル氏によれば、10年物の日独国債利回り格差は開き過ぎている。日本 国債の利回りは低く日本の投資家にとって外債は魅力的なはずで、28日 の日銀会合後はスプレッドが縮小すると同氏は予想する。

スプレッドは「過去1年間のレンジ上限にあるが、ファンダメンタ ル面では何も変わっていない」と同氏は指摘。「欧州と日本はインフレ と成長の見通しが依然として芳しくないため、それぞれの中銀は緩和姿 勢を堅持している。現在のスプレッド拡大局面はドイツ債を購入する好 機だと捉えられる公算が大きい」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時45分現在、欧州債の指標とされるドイツ10年 債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 の0.30%となり、3月16日以来の高水準に達した。同国債(表面利 率0.5%、2026年2月償還)価格は0.36下げ101.925。

日本の10年物国債利回りはマイナス0.105%で、ドイツ国債とのス プレッドは40bp。これは終値ベースで昨年9月以来の大きさとなる。 ブルームバーグがエコノミスト41人を対象に実施した調査によると、日 銀が今週の会合で追加緩和を行うと予想したのは23人。

原題:Germany’s Yield at 7-Month High Versus Japan’s Before BOJ Meets(抜粋)