NY外為:円上昇、対ドル3週ぶり安値から反転

更新日時

25日のニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで3週ぶり安値から上昇した。今週開かれる日本銀行の金融政策決定会合を控え、市場では予想される追加緩和の度合いについて見方が変化している。

  円は主要通貨の大半に対して上昇した。今月22日には、日銀が一部貸し出しにマイナス金利の適用を検討しているとのブルームバーグ報道を手がかりに2.1%値下がりしていた。

  ドイツ銀行のストラテジスト、セバスチャン・ゲーリー氏は「日銀会合を控えて市場は様子見の姿勢だ」と述べ、「さらに米国の経済データは強弱が混在しており、主要10カ国(G10)通貨に対してドルは引き続き下げている」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで0.5%上げて1ドル=111円20銭。一時は111円91銭と、4月1日以来の安値を付けた。

  HSBCホールディングスのシニア通貨ストラテジスト、ドミニック・バニング氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、金融政策の「効果についてはある程度限界がある」と述べ、日銀の様々な措置は「一定の効果はあったが円安誘導の点で効果持続は難しい」と続けた。

  ブルームバーグがアナリスト41人を対象に実施した調査では、日銀による刺激策拡大を予想しているのは23人。19人は日銀による上場投資信託(ETF)購入の増額を予想。8人は債券購入の増額、マイナス金利の一段の引き下げを予想するアナリストも8人いた。調査は15ー21日に実施した。

  ゴールドマン・サックス・グループのストラテジスト、シルビア・アルダーニャ、ロビン・ブルックス、マイケル・キャヒルの3氏はリポートで「金融政策見通しは今後数カ月間で対円でのドル上昇を予想する当社の見解を後押しするものだ」と述べ、「日銀はすでにかなり長期間にわたって『リフレーション取引』を行っているため、しばらくは一段の緩和を続ける必要がある」と指摘した。

  3氏によれば、日銀は今週の会合で追加緩和を決定し、金利政策よりも資産購入を注視する可能性が高い。円はこの先1年間で1ドル=130円に下げる可能性がある。

原題:Yen Gains From 3-Week Low Before Bank of Japan Reviews Stimulus(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE