米チャーターによるTWC買収、反トラスト当局の承認を獲得

米ケーブルテレビ(CATV)会社のチャー ター・コミュニケーションズは、タイム・ワーナー・ケーブル(TWC)買収をめぐり、反トラスト(独占禁止法)当局の承認を獲得した。買収額は550億ドル(約6兆1200億円)。チャーターは、オンラインでの動画配信を保護するための措置で当局と合意した。買収が実現すれば、米2位のCATV会社が誕生する。

  米司法省の25日のワシントン連邦地裁への届け出によれば、チャーターはネットリックスなどのストリーミングサービスによるコンテンツ獲得をより難しくさせるような取り決めをプログラマーと結ぶことが禁じられる。事情に詳しい関係者によれば、米連邦通信委員会(FCC)のウィーラー委員長も同買収案を支持している。

原題:Charter Takeover of Time Warner Cable Gets Antitrust Approval(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE