中国銀監会:上海支部が不動産会社6社と銀行の取引を1カ月間停止

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の上海支部は25日、商業銀行と不動産会社6社の取引を1カ月間停止した。住宅市場のリスク抑制策の一環。

  不動産会社6社には、北京鏈家房地産経紀と太平洋房屋服務、上海漢宇房地産経紀それぞれの上海部門が含まれる。上海市の公式ミニブログに同支部の声明が掲載された。

  銀監会はまた、融資規制違反を理由に中国工商銀行や中国銀行、HSBCホールディングスなどの銀行の7つの現地支店の個人向け住宅ローン事業を2カ月間停止させる。中国人民銀行(中央銀行)の上海支部が住宅ローンに絡んだリスクの監視強化と不動産市場の「安定的な発展」を確実にする取り組みを3月後半に打ち出しており、これに従った措置だという。

原題:Shanghai CBRC Halts Banks’ Business With 6 Property Agencies (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE