クリントン氏、共和党候補よりましとの富豪コーク氏の評価にそっぽ

  • 巨額献金で知られるコーク氏からの支持に興味無いとクリントン氏
  • 富裕層優遇税制の問題に取り組まない候補をコーク氏は支持せず

クリントン前米国務長官は、米大統領選で共和党候補の指名獲得を争う誰よりもましな大統領になる可能性があると富豪チャールズ・コーク氏から評価されたものの、保守的で巨額献金で知られる同氏から新たに支持され得る対象となったことに喜びはしなかった。

  クリントン氏は24日のABC放送とのインタビューでコーク氏が発言した後にツイッターで、「気候科学を否定し、市民の投票を難しくしようとする人々からの支持には興味無い」とコメントした。

  コーク・インダストリーズの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるコーク氏はABCとのインタビューで、共和党のドナルド・トランプ氏やクルーズ上院議員の選挙戦での主張を冷笑し、「富裕層を優遇する税制」を批判。共和党の指名レースに残るトランプ、クルーズ両氏とケーシック・オハイオ州知事の3人を自分が支持していないのは、税制問題に取り組んでいないためだと説明した。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、コーク氏とデービッド・コーク氏の兄弟の純資産は1060億ドル(約11兆8000億円)。両氏はこれまでは「小さい政府」という考え方に沿った政策を掲げる共和党員を支持。大統領選よりもむしろ連邦議会や州レベルでの法制定に影響を及ぼすことに集中して多額の献金を行ってきた。
  
  コーク氏はクリントン氏に対する評価の一部は夫のビル・クリントン元大統領の実績に基づいていると説明。「クリントン元大統領は模範的ではなかった。だが、政府の増大、歳出の伸びに関する限り、共和党のブッシュ前大統領時代はクリントン政権時代の2.5倍だった」と指摘した。ただ、クリントン前国務長官を支持するとまでは踏み込まず、「彼女の行動は発言とかなり異なると考える必要があろう」と述べた。
  

原題:Clinton Rebuffs Faint Praise From Koch Cool to 2016 Republicans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE