オフショア人民元、4日続落-中国当局が一段の元安容認との見方

更新日時

香港オフショア市場で取引される人民元は25日、ドルに対し4営業日続落。これはここ1カ月で最長の下落局面。中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを引き下げたほか、当局が一段の元安を容認するとの観測が広がっていることが相場の重しとなっている。

  香港オフショア市場で人民元は現地時間午後4時36分(日本時間午後5時36分)現在、0.04%安の1ドル=6.5068元。一時は6.5169元まで下げ、約1カ月ぶりの安値を付けた。人民銀は3営業日連続で中心レートを引き下げ、前週末に比べて0.34%元安の6.5120元に設定。これは3月28日以来の低水準。22日にブルームバーグ・ドル・スポット指数が上昇していた。

原題:Offshore Yuan Falls for Fourth Day on Bets PBOC Has Weaker Bias(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE