中国のホワイトカラー給与、東南アジア上回る-企業の中国離れ加速も

中国に対して一部の東南アジア諸国が製造業以外でも労働コスト面で優位となっていることが、ウイリス・タワーズワトソン(WTW)の新たな調査で明らかになった。中国の専門職の平均基本給はベトナムやフィリピンの1.9-2.2倍となった。

  WTWの2015・16年の報酬計画リポートによると、中国のホワイトカラー初級専門職の年平均基本給は2万1000ドル(約230万円)と、インドネシアを30%上回った。

  WTWのアジア太平洋地域データサービス部門リーダー、サムバフ・ラキアン氏は22日の電話取材に対し「中国の賃金はこのところ上昇している」と指摘。「東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の給与が比較的低いということは競争上の優位であり、企業に事業拠点を中国から移転する必要があるか見直すよう促すのではないか。中国労働人口の高齢化と減少は、中国の給与が今後も引き続きシンガポールを除くASEAN諸国を上回ることを示唆している」と述べた。

  リポートの対象は専門職および中間・上級管理職と経営幹部。中国の基本給は、新興ASEAN経済で労働コストが最も高いインドネシアを約5ー44%上回っている。

原題:China’s White-Collar Wages Outstrip Southeast Asian Salaries(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE