加バリアントにまたデフォルト通知-年次報告書提出の遅れ受け

カナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルの社債保有者は、同社に対し遅れている年次報告書の提出を求める圧力を強めている。

  バリアントが22日発表した資料によると、同社が2015年の年次報告書を提出できなかったことを受けて、同社の4種類の社債保有者の信託会社がバリアントにデフォルト(債務不履行)通知を送付した。同社がデフォルト通知を受け取るのはこの2週間で2回目。バリアントは報告書を4月29日までに提出する方針を変えていないと説明した。同社は5月27日の期限までに報告書を提出できなければ、債権者から弁済を求められる可能性がある。

  報告書の当初の提出期限は3月だった。バリアントは今月12日、一部の債券保有者からデフォルト通知を受け取ったことを明らかにした。事情に詳しい関係者が当時語ったところでは、デフォルト通知を送付したのは投資会社センターブリッジ・パートナーズ。

  最初のデフォルト通知と同様、今回も弁済期日の繰り上げを招かないとバリアントは22日の発表資料で説明した。

原題:Valeant Gets More Default Notices After 10-K Filing Delay (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE