中国向け原油タンカー数が急増-在庫積み増しの兆しの中

  • 中国に向かう超大型タンカー数、1年4カ月ぶり高水準
  • 中国の3月の原油輸入、イランやベネズエラ、ブラジル産など増加

世界最大の原油消費国である中国は、原油輸入をさらに増やしている可能性がある。原油在庫積み増しの兆しが示される中で、同国の港湾に向かう超大型タンカーの数は1年4カ月ぶりの高水準に達した。

  ブルームバーグが22日集計した船舶追跡データによると、中国に向かうタンカー数は83隻と、2014年12月以来の高水準に達した。積載規模が標準並みと仮定すると、これらのタンカーで計約1億6600万バレルの輸送が可能となる見込み。

  原油先物価格が2年前を約60%下回る水準で推移する中、中国は少なくともここ10年で最大のペースで原油在庫を積み増している。1-3月(第1四半期)の在庫増加量は日量78万7000バレルと、同四半期としてはブルームバーグが税関統計を基に算定を開始した少なくとも04年以降で最大だった。イランやベネズエラ、ブラジルなどの国々からの原油輸入が3月に増加した。

原題:Crude Oil Tankers Bound For China Surge Amid Stockpiling Signals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE