オバマ大統領:米国は軍事同盟強化の立場変えず-北朝鮮の提案拒否

  • 北朝鮮がまず朝鮮半島非核化への「真剣さ」を示す必要と米大統領
  • 米が合同軍事演習やめれば核実験中止すると北朝鮮外相が述べていた

オバマ米大統領は24日、北朝鮮が朝鮮半島からの核兵器廃絶に「真剣」に取り組む姿勢を示すまで同国に対する防衛と軍事同盟を強化するという米国の立場は変わらないとの考えを示した。

  オバマ大統領は中東・欧州の3カ国歴訪の最後の訪問地となるドイツでメルケル首相と共同記者会見し、「北朝鮮が朝鮮半島の非核化で真剣さを示すなら、われわれは緊張緩和に向け真剣に話し合いを行う用意がある」と発言した。

  同大統領は、それには北朝鮮が核兵器開発から撤退する意向を「報道発表を通じて」示す「以上の行動が必要になる」だろうと述べた。

  米戦略軍によれば、北朝鮮は23日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射を行った。ミサイルの飛行距離は不明だが、米戦略軍によると「北米への脅威はなかった」という。

  オバマ大統領は「北朝鮮のこうしたテストの多くは大概失敗するが、一回ごとに知識を蓄えている」とした上で、「米国および同盟国と世界全体はこれを極めて深刻に受け止めている」と語った。

  北朝鮮の李洙墉(リ・スヨン)外相は23日のAP通信とのインタビューで、米国が韓国と毎年行っている合同軍事演習をやめれば、北朝鮮は核実験を中止する用意があるとの見解を示した。また国際的な制裁で北朝鮮が行動を変えることはないとも述べた。

原題:Obama Says U.S. Won’t Stop Military Drills, Spurning North Korea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE