オバマ米大統領:英国、EU離脱なら通商協定締結交渉は「最後列」に

オバマ米大統領は22日、英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択した場合、米国との通商協定締結交渉は「最後列」に並ぶことになると述べた。EUから離脱した方が有利な通商協定を結べると主張する英国の離脱支持派に対し、直接警告した格好だ。

  ロンドンでキャメロン英首相との共同記者会見に臨んだオバマ大統領は「投票を操作しようとロンドンに来たわけではない。自分の意見を述べている」と前置きし、「英国が離脱する場合、米国にある種の行動を期待する人々が英国にいる。恐らく、ある時点で英米の通商協定は結ばれるだろうが、近い将来に実現することはない」と語った。

  キャメロン首相率いる保守党内部から、オバマ大統領は投票に干渉すべきではないとの批判を受けている。

原題:Obama Says U.K. Would Be Back of Line for Trade Deal Post-Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE