オプション市場では過去最大の円弱気傾斜、日銀緩和観測で-チャート

  1週間の価格変動率を予想するオプション市場で、ユーロに対して円の下落を見込む取引が22日、過去最高水準に達した。日本銀行が政策決定会合で一段の緩和策を導入するとの観測が広がっている。市場の持ち高とセンチメントの指標とされるボラティリティ・スキューは急速にスティープ化し、円のプットオプション(売る権利)がコールオプション(買う権利)を0.74ポイント上回って取引されている。これはブルームバーグがデータの集計を開始して以来、投資家心理が円に最も弱気に傾いていることを示す。

原題:Yen Downside Bets Hit Record High as BOJ Seen Easing: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE