22日のインド株式相場は反落。消費財銘柄の下げが目立った。前日までの6営業日続伸は行き過ぎとの見方が一部で広がった。

  インドで日用品最大手のヒンドゥスタン・ユニリーバは6週間ぶりの大幅安。アジアン・ペインツとたばこ会社ITCも値下がり。時価総額で国内最大の製薬会社サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは2週間ぶりの大幅下落。住宅金融のハウジング・デベロップメント・ファイナンス(HDFC)は8営業日ぶりに下げた。

   S&P・BSEセンセックス指数は前日比0.2%安の25838.14で終了。この日は方向感のない取引に終始した。2月安値からの13%上昇で、相対力指数(RSI、14日間ベース)は売りシグナルとされる70に接近していた。

原題:Indian Stocks End Six-Day Advance as Hind Lever, HDFC Retreat(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE