中国株:上海総合指数、上昇-週間では1月以来の大幅下落

更新日時

22日の中国株式市場で上海総合指数は上昇。週間ベースでは約3カ月ぶりの大きな下げとなった。経済指標の改善で追加刺激策が抑制され、企業のデフォルト(債務不履行)が増えるとの懸念が広がった。

  上海総合指数は前日比0.2%高の2959.24で終了。消費者関連銘柄が買われた。中国本土の取引所が原材料取引の沈静化に動いたことを受け、商品株は下落した。今週はテクノロジー株や工業銘柄を中心に値下がりし、週間下落率が世界の主要株価指数で最大の3.9%となった。

  交銀国際の中国担当チーフストラテジスト、洪灝氏(香港在勤)は「中国人民銀行(中央銀行)の姿勢が変化し始めており、住宅や商品価格の上昇で追加緩和の余地は限られている」と指摘。「政府が今年は企業のデフォルト(債務不履行)救済を手控える可能性に投資家は直面している」と述べた。

  香港市場では中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前日比1.4%安。 ハンセン指数は同0.7%安の21467.04で取引を終え、今週の上昇率が0.7%に縮小した。

原題:Chinese Stocks Have Biggest Weekly Drop Since January’s Rout、Hong Kong Stocks Pare Weekly Gain as Galaxy, Steel Shares Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE