中国株ETFの空売りが増加、与信急増でデフォルトを懸念-チャート

  米市場で中国株の上場投資信託(ETF)のショート(売り持ち)が2カ月ぶりの高水準に達した。中国の景気安定化を示唆する材料より、急ピッチの与信拡大が企業のデフォルト(債務不履行)につながるとの懸念の方が重視されている。マークイットとブルームバーグの20日時点の集計データによると、中国本土株に連動するETFでは最大の「ドイチェXトラッカーズ・ハーベストCSI300中国A株ETF」の空売り残高が発行済み口数に占める割合は6.9%に上昇した。

原題:(BN) China ETF Short Bets Growing as Credit Concern Mounts: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE