米投資家は国内株を敬遠、出遅れる海外株には関心-チャート

  米国の投資家の株式離れについて騒がれているにもかかわらず、多くの投資マネーが海外に向かっている。米国の投資家は2015年に国内株投資信託から1100億ドル(約12兆円)を引き揚げた一方で、外国株式投信に1900億ドルを投じた。その差は利用可能な1984年以降のデータによると最大で、今年もこの傾向が逆転する兆しは見当たらない。MSCIワールド指数(米国を除く)が2009年以降、S&P500種株価指数に後れを取っている状況から行き着く結論は資産の分散だ。

原題:U.S. Investors Shunning Stocks? Only the Ones at Home: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE