ブラックストーン、カナダ製薬会社コンコーディア買収を検討-関係者

  • 他の企業もコンコーディア買収に関心を持つ可能性
  • 「戦略的代替策」を検討とコンコーディア認める

米投資会社ブラックストーン・グループはカナダの製薬会社で上場企業のコンコーディア・ヘルスケアの買収を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  協議の非公開を理由に関係者が匿名で語ったところによると、ブラックストーンは買収の可能性についてコンコーディアと協議中。話し合いは初期段階で、合意が成立しない可能性もある。また、他の企業がコンコーディア買収に関心を示すことも考えられるという。

  コンコーディアは株式市場終了後に発表した資料で、戦略的代替策を検討する取締役会の特別委員会を設置したと説明。「当社は協議しているが、取引が実現するとの保証はない」と述べた。

  同社の株価はトロント時間21日午後1時52分(日本時間22日午前2時52分)に売買停止となる前の段階で一時28%高となった。終値は30.86カナダ・ドルで、これに基づく同社の時価総額は約20億カナダ・ドル(約1700億円)。

  ブラックストーンの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Blackstone Said to Weigh Buyout of Concordia Healthcare (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE