ECB、6月から社債購入開始へ-量的緩和拡大の詳細を発表

欧州中央銀行(ECB)は21日、量的緩和(QE)プログラムの一環としての社債購入を6月に開始する計画を発表した。購入についての詳細を明らかにした。

  それによると、ECBは残存期間6カ月から30年の社債を購入する。銀行債は対象に含まれないが保険会社の社債は購入対象になる。

  実際の購入はユーロ圏諸国の中銀6行が行う。発行市場と流通市場の両方で買い入れるという。銀行を保有しているノンバンクの社債も対象となる。「BBB-」か同等の信用格付けが最低要件。

  公的部門が出資している事業体の債券は発行市場で購入しない。また、1銘柄について発行残高の70%が購入の上限となる。

原題:ECB to Start Corporate Bond Buying in June as It Expands QE (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE